マイクロ SDカードの並行輸入品とは?安いけど、保証などはあるの?

SanDiskmicroSD32GB お得な情報
R(アール)陰キャぼっちのブログアイコン

こんにちは!超節約家のR(あーる)@ぼっち大学生です。

SDカードやmicroSDカードを見ていると並行輸入品ていうのが安いけど、安全なの?保証はどうなってるの?ということに疑問を持ちました。

なので、実際に並行輸入品を買ってみました。

SDカードの選び方が分からない方は↓の記事も参考にしてみてください。
SDカードの選び方|クラス・容量・書き込み速度など
スポンサーリンク

そもそも並行輸入品とは?

並行輸入品とは

え?並行輸入品って何?怪しいと思った人もいるでしょう。
並行輸入品とは、輸入方法の1つです。

主に輸入方法には2種類あり、並行輸入品正規輸入品があります。

正規輸入品とは?

正規輸入品とは、メーカから認められた正規代理店が輸入販売しています。

一般的に輸入品と言われるものは正規輸入品になります。

並行輸入品とは?

並行と書いて「へいこう」と読みます。

並行輸入品とは、海外で一般に売られているものを、個人もしくは企業が直接購入します。
それを日本に輸入販売しているものです。

並行輸入品のメリット

思い出す・ひらめき

価格がめっちゃ安い

並行輸入品とは正規輸入品とは異なり、正規の代理店・メーカーと契約関係にある企業を通さずに、輸入しているのでその分安くなります。

下手すると半額ぐらいの価格で買えます。

日本で未発売の商品を購入できる

日本では正規発売されていない商品なども、並行輸入品なら購入できます。

並行輸入品のデメリット

落ち込む少女

説明書が基本的に外国語

並行輸入品は、海外で一般に売られているものを直接購入して輸入販売しているので、当然、パッケージや説明書は外国語です。

偽物や粗悪品が紛れていることもある

正規のお店を通さずに販売されているので、偽物を販売しているお店もあります。

なかには、128GBと書いてあったのに実際には、23GBぐらいしかなかったという容量を偽装していることもあるみたいです。

保証・修理がない

メーカーが正規に認めていない販売代理店から購入したものは、メーカーは基本的に、保証や修理に対応していません。

そのため、壊れたり、使えなくても自己責任というわけです。

とは言え、もしも使えなかったり壊れていた場合は、ダメもとでも問い合わせた方がいいです。
もしかしたら対応してもらえる可能性があるからです。
詳しくは、Amazon.co.jp ヘルプ: 並行輸入品について

上手に並行輸入品を買って得をするには?

レビュー欄をよく見て、あまりにも悪い評判ばっかりだったら買わない方がいいです。
(レビュー欄は悪い評判が多い傾向にあることは覚えておいてください。なぜならば、普通に使えた場合面倒くさいからレビューしない人が多いため)

また、レビュー数が少なかったり、無いものは購入しない方がいいです。

中には、販売者がレビューしてもらう人を雇って、サクラレビューしていることもあるからです。

まとめ

並行輸入品は、デメリットもありますが、それに見合うレベルで価格が安いです。

偽物や粗悪品などのハズレ商品を引かないというくじ引き感覚で、楽しんで購入できる人はおすすめです。

とは言え、基本的にハズレを引くことはあまりないです。
実際に、私も並行輸入品を購入したことがありますが、無事に使えています。

おすすめのmicroSDカード

こちらのランキングから容量別にまとめました。
【Amazon】microSDカード の 売れ筋ランキング

※SD変換アダプターとは、microSDカードをSDカードとしても利用できるようにするアダプター。

32GBおすすめ

↓スピードクラス Class10、最大転送速度30MB/秒、 正規輸入品

↓スピードクラス Class10、最大読込速度:80MB/s、、並行輸入品

64GBおすすめ

↓スピードクラス Class10、最大転送速度30MB/秒、 正規輸入品

↓スピードクラス Class10最大読込速度:80MB/s、、並行輸入品

128GBおすすめのSDカード

↓ UHSスピードクラス3対応、最大読出速度100MB/s、最大書込速度90MB/s 正規輸入品

↓スピードクラスClass10対応、最大読込速度:80MB/s、並行輸入品

コメント




タイトルとURLをコピーしました