美容室が苦手!!そんな陰キャ男子が実際にしている対処法を紹介します

おしゃれな美容室が苦手身だしなみ

大学入るまではずっと1000円カットだったR@ぼっち系大学生です。

そんな美容室がめっちゃ苦手な僕が実際にどうしているか紹介します。

 

 

スポンサーリンク

美容室が苦手な理由

そもそも美容室が苦手な理由は何故でしょうか?その理由がわかれば対処法もわかりますね。

自分なりに考えた結果が下記の4つのいずれかだと思います。

・会話が続かず、気まずい
・会話したくないのに話しかけてくる
・高い金払ったのにいまいち
・店内や美容師がおしゃれすぎて落ち着かない。

それぞれ詳しく対処法を見ていきましょう。

 

会話が続かず、気まずい

会話が続かず、ただひたすらに沈黙の空気が流れるのはきついですよね。
会話が続かない理由は主に2つです。

・自分か美容師のコミュ力が足りない。

基本的にどちらかのコミュ力があれば最低限大丈夫です。
コミュ力のない僕がおすすめする方法は、とりあえず質問をして褒めることです。

例えば、僕の髪は太い方なんですか?みたいな髪のことを質問して、そうなんですねぇ知らなかったです!~って言っておけばOKです。

 

・そもそも気が合わない。

世の中色んな考え方の人がいるので、話が続かない相手がいても仕方ないです。気にせずに携帯でも触っておくか目を閉じておけば察してくれます。 僕もよく寝たふりをしますw

 

会話したくないのに話しかけてくる

めんどくさいから会話したくないという人もいると思います。

でも美容師からすると何か喋らないと・・・・と思っている人が多いので話しかけてくるようです。実際に沈黙が苦手な美容師も多いみたいです。

勇気がある人は、あんまり話したくないですって正直に言うのもありかもしれませんね。

会話しなくてOKていう美容室があれば大繁盛しそうなんですけどね。
もしそういう美容室があれば一番下のコメント欄で教えてください。
当サイトに掲載したい方も合わせてコメント欄やお問い合わせフォームからお願いします。

 

高い金を払っても理想の髪型にならない

お金が燃えてなくなる

ぶっちゃけ、いくら高い美容室に行っても自分のなりたい髪型をうまく伝えられなければ意味がありません。

そのために手っ取り早いのが、スマホでなりたい髪型を見せることです。1枚だと美容師もイメージしにくいので、なりたいイメージの髪型を複数枚見せるのがベストです。

でも写真見せるのは恥ずかしいし、自分は写真みたいに美男美女ではないし・・・っていう人もいると思います。というか僕がまさにそれでした。

しかし、写真を見せないと高確率で失敗します。お金をどぶに捨てるようなもんです。

勇気をだして見せるしかないです。美容師も見せてもらうことでイメージしやすくなって嬉しいですよ。

 

店内や美容師がおしゃれすぎて落ち着かない。

これは、本当にどうしようもないですね。本当に無駄におしゃれすぎると思います。

特に、蛍光灯などの照明で店内を明るくしすぎです。そのせいで、自分の汚い肌がくっきり見えますね。

なのでできるだけ、暗めで落ち着いたお店を選ぶことをおすすめします。

 

 

結局僕は、美容室じゃなくて3000円の床屋

落ち着いた床屋

ここまで、いろいろ書いてきましたが、僕は美容室に1回しか言ったことがありません。

その理由は、もっといい床屋が家の近くにあったからです。
3000円で床屋にしては高いですが技術もあり個人経営で落ち着いた感じで、さらに店主も優しいので気に入っています。

実は、美容室・床屋に共通して言えるのですが、チェーン店より個人経営のお店が個人的におすすめです。理由は落ち着いていて接客が丁寧だからです。

結論を言うと美容室だけにとらわれずに床屋も含めたいろんなお店に行ってみて自分に合うお店を探すことが大切ですね。

 

 

まとめ

美容室が苦手な人が気を付けておいて欲しいことは下記の3つです。

・会話に困ったら質問をして褒める
・暗くて落ち着いたお店を選ぶ
・個人経営のお店が狙い目

 

もし美容室選びが難しい人は、ホットペッパービューティーというサイトで選ぶといいです。

ホットペッパービューティーは、日本全国の美容室が検索でき、そのまま予約もできます。もちろん電話せずに予約できます※一部電話だけの店もあります。また、男性向けの美容室なども検索出来て便利です。

 

▼関連記事
陰キャを陽キャに変える美容室がまじで、すごい!【イメチェン】

 

 

 

 

コメント




タイトルとURLをコピーしました