WordPressブログの始め方|他サイトが秘密にしているお得な裏技紹介!

WordPressブログの始め方ブログ

ドケチなので、できるだけ費用は抑えたいです。

今回は、WordPress×エックスサーバーという王道のやり方でブログを始める方法を紹介します。初心者はもちろん誰でもわかるように、とても丁寧に説明しています。

さらに、他サイトが秘密にしているブログ費用を抑えるお得な裏技も紹介します。

 

 

スポンサーリンク

ブログでかかる費用は?|裏技を使うと・・・

WordPressブログの始め方最安値

まずブログでかかる費用を知っておきましょう。全て消費税10%込みの価格です

サーバー初期費用(1回だけ)3300円
サーバー代(月ごとに請求される)1320円
ドメイン代(年ごとに請求される)相場1000円ぐらい(ドメイン名などによって異なる)

多くのサイトやブログで紹介している方法だと、上記の金額になりますが同じ性能・機能を保ちつつ、もっと安くする裏技があります。
この裏技を使うことで以下の料金になります。

サーバー初期費用(1回だけ)実質442円
サーバー代(月ごとに請求される)(最初3ヵ月)1320円 (4ヶ月目から)1100円
ドメイン代 ずっと0円 2020年4月30日までのキャンペーンを利用

サーバーとは?

サーバーとは、ブログの記事や写真などのデータを置いておく場所のことです。

自分で専用のパソコンを用意してもいいのですがとても難しく、普通はレンタルサーバーを借りるので、今回紹介している方法もレンタルサーバーを借りています。

 

ドメインとは?

ドメインとは、ネット上の住所みたいなものです。

例えば、このブログのURLは『https://inkya-botti.com』で、このうちの赤文字の部分がドメインです。

ドメインの部分は使われていないものなら自由に決めることができます。

ドメインは利用料を払う必要があります。ネット版の住民税と考えるとわかりやすいです。

 

 

エックスサーバーの初期費用を安くする

初期費用を安くする裏技が紹介されていない理由【暴露】

通常3300円もかかるエックスサーバー初期費用は、実質442円にできます。でも「ブログの始め方」を書いてある多くのサイトやブログはこの裏技を紹介していません。

その理由は、エックスサーバーの紹介料をサイトやブログの運営者がもらうためです。ブログ内に下記のような画像やリンクもしくは、ボタンがあると思います。種類は色々あります。

裏技を使いたいなら下記は絶対にクリックしてはいけません

あなたがそこからエックスサーバーのサイトに飛んで契約することでブロガーは紹介料をいただいています。1契約につき2858円です。
この2858円を申し込みする本人が貰おうというのが今回の裏技です。

もちろん今回の裏技を使うことでブロガーに入る紹介料は0円になってしまいます。もしも「それは可哀想だし、私は2858円いらないから代わりに貰って」という方がいれば下記をクリックしてください。
>>エックスサーバーの登録はコチラから

もしかしたらこの裏技は非公開にするかもしれません。当然僕らブロガーの収入がなくなるので・・・

初期費用を安くする裏技(セルフバック)

紹介料を自分で貰うこの裏技をセルフバック(別名:自己アフィリエイト)と言います。

それでは裏技改め、セルフバックのやり方を紹介します。
セルフバックの概要を紹介するとA8.netというサイトに登録してそこからエックスサーバーを登録します。
A8.netはブログで稼ごうと思っている人なら必ず登録することになるほど便利なサイトです。
下記↓から登録できます。
>>A8.netの申し込みページはこちら

登録の仕方がわからない人は、こちらの記事が参考になります。
>>A8.netの登録方法 初心者でも大丈夫!

 

A8.netの登録が終わったらセルフバック経由でエックスサーバーに登録します。

まずは、ログインしましょう。
A8.netにログインするときは左側のメディア会員の方です。
※広告主会員では、ログインできません。

A8.net

次に、セルバックのページに移動しましょう。

A8.netセルフバック

移動したら下記の検索窓に「エックスサーバー」と入力して検索を押してください。
「Xサーバー」や「Xserver」では出ないです。
セルフバック検索窓

一番上のやつの詳細を見るをクリック。
※もし一番上に違うのが出た場合通し番号[s00000001642001]がついているのでそれを参考にしてください。

エックスサーバーセルフバック

セルバックを行うをクリック

するとXサーバーのサイトに行きます。ここからエックスサーバーに登録していきます。

ちなみに2858円はA8.netに収益として付きます。

なので、初期費用3300円̠̠-2858円=実質442円になります。

 

 

エックスサーバーに登録

エックスサーバーに登録していくのですが、エックスサーバーには登録するおすすめの時期があります。

エックスサーバーでは、基本下記のいずれかのキャンペーンが実施されています。

・サーバー初期費用半額キャンペーン
・ドメインずっと0円キャンペーン

このうちおすすめするのが、ドメインずっと0円キャンペーンです。
2020年4月30日までこのキャンペーン中です。

なので、今がおススメのキャンペーン中なので登録する最も良いタイミングです!

先ほどの飛んだエックスサーバーのページを見ると画像のようになっていると思うので、「まずはお試し10日間無料!」をクリック

エックスサーバー10日間無料お試し

すると画像のようになるので、オレンジの新規申し込みをクリック

エックスサーバー無料お試し

すると、基本情報入力画面になるので、入力していきます。

エックスサーバー契約内容

・サーバーID(初期ドメイン) 適当でもいいですが、ある程度公開されても大丈夫で覚えやすいIDをおすすめします。
・プラン X10プランで必要十分です。それ以上のプランだと価格も上がります。
残りのメールアドレス・名前・住所・電話番号も間違えないように入力

「利用規約」「個人情報に関する公表事項」に同意する も忘れずにチェック

お申込み内容の確認へ進む
をクリックします
お申込み内容の確認をしたら、SMS・電話認証を行います。
エックスサーバーSMS・電話認証
SMS・電話認証をクリック
するとこのような画面になるので
1.電話番号が先ほど登録したものが自動的に入力されています。認証に使いたい携帯電話に変更可能です。
2.SMS(ショートメール)か自動音声通話好きな方を選択します。
そしたら、認証コードを取得するをクリック
SMSで送られてきた/自動音声で聞いた5桁の番号を矢印の所に入力
エックスサーバー認証コード入力
その後、『認証して申し込みを完了する』をクリック
これでサーバーアカウントの申し込みが完了します
その後5分もせずに登録したメールアドレスに
【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ[試用期間] (【サーバーID】.xsrv.jp)
という件名のメールが届くので確認。
様々なアカウント情報がこんな感じでのっているので、このメールは大切に保管

 

 

エックスサーバーの料金を支払う

10日間は無料期間でサーバーを使えるのですが、このままだとドメインを無料でもらえないので、料金を支払いましょう。

無料期間中に料金を払っても無料期間終了後から課金になるので早めに料金払って大丈夫です。

Xserverアカウント(旧インフォパネル)』にログインします。

Xserverアカウント ログイン

Xserverアカウントパスワード(旧インフォパネルパスワード)は、先ほどのメールに書かれていたインフォパネルログイン情報に書かれています。

ログインしたらこのような画面になるので画面左の『料金のお支払い/請求書発行』をクリック

エックスサーバー料金支払い

するとこのような画面になります。

エックスサーバー料金支払い

①チェックを付ける
②更新期間を設定(3ヶ月がおすすめ)
③お支払い方法を選択する
カード自動更新にすると月1100円になりますが、最初の申し込みのときは設定できないので、最小期間の3ヶ月にして月1320円払って4ヶ月目からカード自動更新にするのがおすすめです。
お支払方法の選択画面になります。
 
表示されている価格には、サーバー初期費用が含まれています。
セルフバックを行った場合、A8.netの方に2858円分ついています。
あとはお支払い方法をクレジットカード・銀行振り込み・コンビニエンスストア・ペイジーから選択して払えばOKです。
持っているならクレジットカードがおすすめです。僕も最初クレジットカードで払うのめっちゃドキドキしましたが大丈夫でした。

 

 

キャンペーンドメインを入手(ドメイン代0円)

料金のお支払いが完了したら、続いてキャンペーンドメインを入手していきます。

左側のメニュー覧から『キャンペーンドメイン』をクリック

エックスーサーバーキャンペーンドメイン

クリックしたらこのような画面になります。


『同意する』をクリック

 

対象サーバーIDは自動的に入力されています。
独自ドメインの所に好きなドメインを入力します。※ドメインは変更できずネット上に公開されるので慎重に!このブログの場合は、https://inkya-botti.com の赤字の部分です。隣の『.com』は変更可能ですが、もっとも知名度の高い『.com』がおすすめです。
運用方法は、新規取得のままでOK
最後にドメイン検索を押します。
この時下記のように出る場合は、他のドメインにしてください。
※他の人が使っているドメインと同じものは使用できません。ドメイン名は早い者勝ちです。
ご希望のドメインは習得申し込みが出来ません。
既に取得済みのドメイン、もしくは取得できない状態のドメインです。
無事他の人が使ってないドメインを見つけたら、『キャンペーンドメイン申請』をクリック
『キャンペーンドメインの取得を完了しました。』の画面が出ればOK!
キャンペーンドメイン取得完了

 

 

キャンペーンドメインをエックスサーバーに登録

次に、キャンペーンドメインをエックスサーバーに登録します。

まずは、『サーバーパネル』にアクセスしてログインします。
※『Xserverアカウント(旧インフォパネル)』と間違えない!

サーバーIDとサーバーパスワードは、メールの『サーバーパネル』ログイン情報に書いてあります。また、メールからコピペする場合は、半角スペースが入らないように注意

エックスサーバーのサバーパネルログイン

ログインが終わると次のような画面なるので、『ドメイン設定』をクリック

エックスサーバードメイン設定

次に、右側のタブの『ドメイン設定追加』をクリック

エックスサーバードメイン設定追加

先ほど設定したキャンペーンドメインを入力
このブログならinkya-botti.comです。

エックスサーバードメイン追加

入力したら、『確認画面へ進む』をクリック
下2つのチェックは付けたままにしておきましょう。

確認画面が出るので、右下の『追加する』をクリック

エックスサーバードメイン追加確認画面

 

このような画面が出たらOKです。

エックスサーバードメイン設定完了

『独自SSLの設定が失敗しました。』と出ている人も大丈夫です。これから設定していきます。この表示が出てない人は次の『独自SSLの設定方法』をスキップして大丈夫です。

 

 

独自SSLの設定方法

再び、サーバーパネルのトップに戻ります。
そしたら今度は、『SSL設定』をクリック

エックスサーバーSSL化設定

数字の番号順にクリック ②番は、SSL化したいドメインを選ぶ

エックスサーバーSSL化設定2

『追加する』を押したらSSL化設定完了なのですが、もし下記のような画面が出る場合24時間後ぐらいにもう一度SSL化の設定をしてみてください。

エックスサーバーSSL化失敗
実際に、自分がブログを作ったときもエラー出たのですが、2~3日後にやったら無事SSL化できました。焦ってごちゃごちゃ、いじくるよりかはじっと我慢です。

 

お疲れ様です!ここまで終わればほとんど設定は終わったので、後はWordPressをインストールするだけです。

 

 

WordPressのインストール

サーバーパネル|エックスサーバー』にログインして『Wordpress簡単インストール』をクリック

エックスサーバー WordPress簡単インストール

ドメイン選択画面になるので、ワードプレスをインストールするドメインを選択
【サーバーID】.xsrv.jpの方じゃなくてキャンペーンドメインで設定したドメイン。

ワードプレスをインストールするドメイン選択

次に、右のタブのWordPressをインストールするをクリック

エックスサーバーWordPressインストール方法

するとこのような画面になります。

WordPress簡単インストール

インストールURL(サイトURL):そのままでOK
ブログ名:※後から変更可能
ユーザ名:ログインする時に使う
パスワード:ログインする時に使う
メールアドレス:※頻繁にメールは来ない
キャッシュ自動削除:そのままでOK
データベース:そのままでOK
入力が終わったら『確認画面へ進む』をクリック
するとこのような画面になるので『インストールする』をクリック
ワードプレスをインストールする
そのまま待機しておくとインストールが完了します。
ここで表示される内容は重要なのでメモしておきましょう。
ワードプレスのインストール完了
青いリンクからWordPressにログインできるのでクリック。
するとログイン画面になるのでブックマークやお気に入りに入れておきましょう。
ブログを書くときはこの画面からログインしてブログを書きます。
ワードプレスログイン画面
ワードプレスのインストール完了時にメモしたIDとパスワードでログイン。
ワードプレス投稿

後は、投稿から日本語を書いて投稿するだけで記事ができます。

以上でブログ設立の全工程が終了しました! おめでとうございます✨
後は日々ブログを書いたり、デザインを変更したり自由自在です。

コメント




タイトルとURLをコピーしました