コミュ障がインターンや就活で気を付けるべきビジネスマナー3選!

社会人マナー インターン&就活

人と喋らな過ぎて、まともな敬語も使えなくなっている
陰キャコミュ障のR@ぼっち系大学生です。

今回は、インターンや就活で
最低限気を付けてほしいビジネスマナーを3つご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

言葉づかいを気を付けて

まず1つ目は、言葉づかいですね。

言葉づかい(敬語・丁寧語・謙譲語)などめんどくさいですよね。

でも、僕は、それ以前の問題でした。

インターンでの出来事
人事部長の話に、びっくりすることがあったので
「ヤバいですね」と言ってしまいました。

日頃、目上の人と話さないのが露呈してしまいました。
※露呈(ろてい)隠れていた事柄が外から見ても分かるほどに、あらわになる

「ヤバい」は状況に合わせて、大変・すごい・ひどい・驚きなどに言い換えましょう。

まずは、それからですね。

 

 

遅刻はマナー違反 ぎりぎりの行動は避ける

皆さん、そんなことは、言われなくとも、わかっていると思います。

僕も、重々承知していました。でも遅刻しました。

理由としては、

時間通りにバスは来たのですが
バスが目的地に到着するまでに15分ぐらい余分にかかってしまいました。
しかし、運転手さんは謝る気配なし。

都会では人の乗り降りが多かったり、
車の渋滞などで到着時間に遅れることはよくある
みたいです。
田舎では遅れることはほとんどないのでびっくりですね。

15分も遅れたので、僕は、グーグルマップを見ながら、革靴が痛いのを、我慢して走りました。

しかし、どんどん目的地から遠ざかっていました。

グーグルマップ ナビ矢印

google mapより

最初に矢印が示した方向が間違っていたみたいです。

都会ではグーグルマップの矢印が正しい方向を示すとは限らないみたいです。

原因は、都会は、電波が乱れているからです。

対策としては、スマホを8の字に3回ぐらい動かしましょう。

上手くいかない場合はあきらめてコンビニなどの位置から自分はどっち方向を向いているのか判断しましょう。

 

 

細かい気配りが大事

最後に気を付けるべき気配りをまとめておきます。

挨拶は自分から元気よく

これは、当然なのですが、挨拶というものは、目下から先にするものです。
なかなか難しいと思いますが、頑張ってみてください。

いい評価になることは、間違いないです。

 

人の目を見て話す

これも、コミュ障には難しいと思います。

でも、たまにでもいいので目を合わせるなど普段から気を付けておきましょう。

自分も最近ようやく慣れてきました。
でも意識しないと目を合わせるのを忘れてしまいます。

 

人の揚げ足を取らない

※人の上げ足を取る:人の言い間違いやちょっとした失敗を取り上げて、相手を責めること。

僕が、実際にインターンでやってしまったことなのですが・・・

人事の方が、「小さい小声で話してください」と言いました。
それに対して、僕は「小さい小声ってwwww」とボソッと言っちゃいました。

小声だから小さいのは当たり前という話ですね。ただの嫌な奴ですね。

 

 

まとめ

コミュ障向けのビジネスマナーを紹介しました。
これらは、当たり前のことなのですが、僕みたいなコミュ障は、意外とできてないことが多いので、気を付けないといけませんね。

こういう小さい積み重ねがその人の印象を左右しますからね。

 

コメント




タイトルとURLをコピーしました